真犯人フラグ13話の猫おばさんの歌はトゥーランドット!彼の名は愛の意味は?

真犯人フラグ13話で猫おばさんが凌介の方を見て『彼の名は愛・・・』と言っていました。

そしてその後に歌った曲も気になりましたね。

あの曲はプッチーニのトゥーランドットという曲で結構意味深だったので、考察と共に紹介しますね!

目次

真犯人フラグ13話猫おばさんの歌はプッチーニのトゥーランドット!

猫おばさんが愛猫プッチーニを抱いて歌っていた曲はプッチーニのトゥーランドットという曲です。

歌詞付きの動画がありました!

これだけではよくわからないので(笑)

物語のあらすじを読んでみました。

簡単に物語を紹介しますね。

まず、登場人物は6人います。

トゥーランドット姫(ソプラノ)
アルトゥーム(テノール)中国の皇帝、トゥーランドットの父
ティムール(バス)ダッタン国の盲目の王、戦いに敗れ国を追われている
カラフ(テノール)ティムールの息子、姫に一目惚れをする
リュー(ソプラノ)召使い、カラフを密かに愛している
ピン、パン、ポン大臣たち

中国・北京のお姫様トゥーランドット姫は、絶世の美女でしたが氷のように冷たい心の持ち主でした。

姫は『3つの謎を解いたものを夫として迎えるが、謎が解けなかった者は首切りの刑に処す』と言いました。

ダッタン国の元国王の息子、カラフは、トゥーランドット姫に一目惚れして、この無謀すぎるとも言える謎解きに挑戦すると言い出します。

そして、なんとカラフは3つの謎を見事に言い当ててしまいます。

結婚など望んでいなかったトゥーランドット姫は、動揺し結婚を拒みます。

そこでカラフは『夜明けまでに私の名前を知ることができたら、命を捧げよう』とトゥーランドットに言います。

その理由は、

結婚相手を決める儀式だと言って、求婚してくる男性に

目次
閉じる